2005年11月17日

keiko Lee /愛の奇蹟(ワンダー・オブ・ラヴ)



試聴.JPG cart_004.gif



クリスマスが近づいてくるとレイ・チャールズの生前は彼のライブに行きたくなりましたが、最近ではケイコ・リーのライブに行きたくなります。

実際、クリスマスライブには行ったことがあります。

ケイコ・リーはCMで聴いたのが最初だったと思います。彼女はスーパーハスキーヴォイスでとても特徴のある声の持ち主です。
一度聴いたらかなりガツンと印象に残る声ですね。
それに個人的に地元出身の方なので親しみも感じています。

丁度、このアルバムがリリースされた頃にライブに行ったので、このアルバムの曲を多数歌ってくれました。

JAZZと言っても馴染みのある曲のカヴァーが多く、大変聴きやすいアルバムです。
また、JAZZの枠だけに収まっておらず、ナタリー・コールのヒット曲「ピンク・キャデラック」はギンギンのロックンロールでかなりカッコいいし、またJAZZと聞くと「古臭い」と言う様なイメージも一転するような、TLCのカヴァー曲「ウォーターフォールズ」なども歌っており、私の世代でも惹き付けられるのです。

そして、全ての曲が彼女の世界を持っており、聴く側はそのケイコワールドに引きずり込まれていくのです。

またこの時期、彼女の生声を聴きたくなります。
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 00:58| Comment(4) | TrackBack(1) | JAZZ・フュージョン系♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。