2005年12月16日

ブラウン・バニー

ブラウン・バニー



<ストーリー>

『バッファロー’66』に続く、ヴィンセント・ギャロの監督・主演作。バイクレーサーとして全米を転戦するバドが、別れた恋人デイジーへの想いを胸に東海岸からカリフォルニアへ向かう。旅の途中、彼は何人もの女性と出会うが、そのたびに頭をよぎるのはデイジーの面影。カリフォルニアに着いたバドは、かつて彼女と暮らした家に置き手紙を残すのだが…。
2003年度カンヌ国際映画祭において、前代未聞の絶賛とバッシングの嵐を巻き起こした作品。

<個人的な感想>

バッファロー’66が面白かったし、またパッケージに問題作の文字が気になって観てみました。
淡々と流れていくロードムービー。台詞が少ない。問題作ってどこが?と思うような前半でした。また、前作を髣髴させるような展開で「あれ?」と思わされたりしました。
観ている方も東海岸から西海岸への長い道のり、真っ直ぐな道が何だか果てしない気がして不安になりそうでした。
台詞が少ないので、どういうことなのか分からない場面もあったりしました。
ところが、元恋人のデイジーの家に着いた頃から物語りは急激に加速して行きます。

ここからが、なるほど問題作だわ・・・と思わされるシーンの連発。

ネタバレはしないことにしますが、最後まで見ると納得するはずです。

デイジー役のクロエ・ヴィニーは実際にあの演技をしていたそうです。彼女だから出来たのかも。結構、吹っ飛んだ役をやっていますからね。

実際、この映画を撮影中は夫婦のように過ごし、恋人関係にあったとも言われています。
あまりにもリアリティー追求しすぎ!

この映画は「喪失感」を描きたかったそうなのです。ヴィンセント・ギャロはかなりの間この話を温めていたそうなのですが、ぼろくそに言われたり、賞賛されたり、評価は賛否両論のようですね。

私は正直、前作と雰囲気が違ってびっくりしました。

最後まで観ると、割りと好きな映画かも、と思えました。

ちなみにこの映画15Rです。

<こんな人にお勧めです>

問題作と言われるものに興味がある★★★★☆
ヴィンセント・ギャロが好き★★★★☆
悲しみに沈んでいて、その気持ちをシンクロさせたい★★★★☆





posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

バタフライエフェクト

バタフライエフェクト


<ストーリー>

君を救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。

<バタフライ・エフェクト>とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」=初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、という意味のカオス理論の一つ。精緻なパズルのように組み上げられたストーリー。ノンストップで繰り広げられるサプライズの連続するクライマックス。5感を挑発し、感情を揺さぶる未体験の興奮。サスペンスに満ち、同時にエモーショナルで感動的な愛の物語。

<個人的な感想>

もしも、あの時に戻れるなら、こんな選択はしなかったのに・・・・。
と後悔する事は人生つきものだと思う。
人生においてターニング・ポイントというものは誰でも存在すると思うし、過去を変えられないからこそ上手く行かないと後悔したりするものである。

けれど、過去に自由に行けて変えれるとしたら。

なんて事は子供の頃からよく考えていたことっだたりする。

もしも・・・ならば・・・。

しかし、いつも思うのである。例え過去を変えたからって自分の人生が本当に変わるのだろうか?疑問である。自分の性質自体が変わらなければ人生も変わりやしないだろう。そう思ってそんな事は出来ない方がよいのだ、という自分なりの考えに辿り着きそんな空想ごっこもしなくなって行った。

そんな事を考えていた頃を思い出すような映画でした。

過去へ戻れる能力が突然身についてしまった主人公は大切な人の幸せを願って何度も過去へ戻る。ところが、簡単に幸せにはなれない。果てには自分自身に、また愛する人へも災難が降り注ぐ。
過去を変えたことにより、現在がどう転ぶのか分からないスリリングさがあって面白かった。
肝心な場面の記憶が無い、と言う虫食いの伏線の張り方も効果的でストーリーに引き込まれていった。
自分が重要だと思っている場面の過去を変えたとしても、人生は自分以外の人との係わり合いもある。自分の思うようにはやはりなかなか行かないと言う事なのかもしれない。

DVDには別エンディングが2パターン収録されたいるが、どちらもナンセンスに思った。オリジナル版が一番しっくり来る。

ストーカー編と、涙のハッピーエンド編とがあったが、どっちもありえない、と笑えました。

キャスティングは見た事あるなぁ・・・という顔ぶれだったが、主人公のアシュトン・カッチャーは2003年に「もっとも美しい50人」にも選ばれ、レオナルド・ディカプリオをおさえてピープル誌のトップページを飾ったイケメン俳優である。もとはベルサーチやカルバンクラインなどのショーにも出るトップモデル。デミ・ムーアとの付き合いは有名。で、見た事あったんだ・・・と思いました。
レニー役のエルデン・ヘンソンは「マイフレンド・メモリー」の主役。この映画では場面によって様々なレニーを演じている。3週間で体重を9キロも増減させて周囲を驚かしたそうです。
ケイリーの父親ジョージ役のエリック・ストルツは「ザ・フライ2」にも出演していました。(懐かしい・・・でも、どっかで見た事あるな〜って思ってたんですよ!)

なかなか面白い映画でした。

<こんな人にお勧めです>

コメディとは違う面白い映画を観たい★★★★☆
ちょっぴしスリルを感じたい★★★★☆
普通のラブストーリーでは物足りない★★★★☆


>> 他の人の感想を見てみるバタフライエフェクト




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(3) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

Glitter

glitter




<ストーリー>

母親譲りの天才的歌唱力をもつクラブ・ダンサーのビリー(マライア・キャリー)は、幼い頃から歌手になることを夢見ている。そして彼女の実力を一端役見抜いた人気DJのダイス(マックス・ビースリー)は、彼女を引き抜いて大手レコード会社へ売り込みを始め、次第に彼女はスターへの道を歩み始めていくのだが…。

<個人的な感想>

この映画、ずっと観ないようにしていました。あまりにも酷評が多かったし、この年のラジー賞も取ったそうですから・・・。

でも、マライアファンですから、一度は見ておかないと、と思って最近かりて観ました。

マライアの演技はそんなに悪くなかったです。自然に最期まで観られました。
もっと酷いのかと思っていました。

映像もなかなか良いし、80年代が舞台で、BGMも懐かしい曲が流れており結構良かったです。

ただ、ストーリーが捻りがないなぁ・・・と言う感じでした。先が見えちゃうんですよね。
もう少し、スターへの執着や、ドロドロしたものが絡んでいた方のが話としては面白くなったと思うんだけどね。

映画初主演のマライアには仕方が無い事だったのかなぁ・・・。

一番最初にビリーの才能を発掘したダイスが、ビリーがビッグになるに従い、嫉妬していくのは、実生活でもそうだったのかな・・・と思わされました。
PV撮影など、本人の意思は無視した売れるためのイメージ戦略なんかも面白かったですね。
PV撮影での炎に扮した男性ダンサーと絡むシーンはおかしくて一人で笑っていました。
その撮影を見て怒って出て行ってしまうのは、まるで7年目の浮気の撮影現場にいるジョー・ディマジオみたい。

全体的に長いミュージックPVと思って観れば結構楽しめます。

MIMIで大復活したマライア。私と大して歳も違わないので、これからも彼女をリアルタイムで追っていく事になるのでしょうが、いつか、Rayのような伝記的映画になるかもしれませんね。

それを観てみたい気がしますが、その頃、果たして自分自身この世にいるのか?!と思います。(汗)

<こんな人にお勧めです>

マライア・キャリーがとにかく好き★★★★☆
80年代の音楽が好き★★★★☆


>> 他の人の感想を見てみる



となりまちショッピングモール Store-mix.com

posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(3) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

恋に落ちる確率

恋に落ちる確率



<ストーリー>

恋人がいながら、一目惚れした人妻と一夜をともにしたアレックス。翌朝、アパートの部屋が忽然と消え、友人や恋人も彼を知らないと言い出す……
デンマークの新鋭監督、クリストファー・ボーが、運命の人に出会い恋に落ちた男女の“究極の選択”を描く異色のラブストーリー。主演は『しあわせな孤独』のニコライ・リー・カース。2003年カンヌ国際映画祭で新人監督賞に当たるカメラ・ドール受賞作。

<個人的な感想>

映像がスタイリッシュ・クールで美しい。この美しい街はどこだろう、と思ったらコペンハーゲンだった。デンマークの作品なんですよね。

ストーリーは難解。捉え所が無く、無限に広がっていく感じだ。監督クリストファー・ボーの独特な世界は観る人の数だけの解釈が出来る。

途中まで分からなかったのですが、アレックスの恋人シモネと、一目惚れの人妻のアイメがどことなく似ているなぁ・・・と思っていたら、実はマリア・ボネヴィーが一人二役で演じていたんですね。なるほど、とそこで納得。

この、映画の中にも出てくる言葉「どことなく似ている2人」と言うのは、シモネのようなひた向きに愛してくれる恋人と、突然現れる運命の人、と言うのはどちらも同じくらい得がたい、と言う事が似ているのかもしれない・・・と思いました。
だから、どちらも実は運命の人なんじゃないか、なんて思うんです。
それをアレックスはどちらを選ぼうかと優柔不断に悩んでしまう・・・。

途中、アパートに入れなくなったり、友達や恋人、父親までにアレックスの存在を「知らない」と言われるのは、今までの状況から自分の我侭と優柔不断さで別の場所へ行こうとする事に対しての周囲の反対や拒絶を例えで表したように私は思いました。

最終的には恋人のシモネも気になり、ローマ行きの切符を買ったにもかかわらず、シモネに会いに行って振られ、アイメとの約束の時間にも間に合わなかった。アイメは一大決心をして約束の場所に来たにもかかわらず裏切られたと感じ、まだ愛してくれている夫の元へと帰るのだ。

そして、アレックスはどちらも得る事が出来ず、ただ一人ぼっちになり次のチャンスが来るまで一人彷徨うのだった。

と言うのが私の捉え方です。

この映画は、きっと観る人、観た時期、観た時の気分などによってストーリーの捉え方が変わる、と思います。
2度目また私が観たら、多分また違った解釈をするでしょう。

なぜなら、映画の随所に誰にでも経験した事がある、またはこんな事を思った、など自分と重なる場面が散りばめられているからです。
その散りばめられている場面が視覚的に訴えて来て、観た時によって捉え方が変わるのだと思います。

私は何度も繰り返しては観たい映画ではないですが、自分の心を探る時にまた観たい映画だと思いました。

監督の野心を感じさせられる、とてもインパクトがあり、面白い映画でした。

<こんな人にお勧めです>

映画を観ていろいろ考えるのが好き★★★★★
おしゃれな映像が好き★★★★★
まったりしたい★★★☆☆
普通のラブストーリーが好き★☆☆☆☆


>> 他の人の感想を見てみる




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

Ray

Ray



<ストーリー>

ジョージアの貧しい家庭に生まれたレイは、少年時代に緑内障で視力を失うが「施しは受けず、自分の足で立って生きなさい」という母の教えを胸に、17歳でシアトルのクラブでデビュー。盲目の天才と呼ばれ、レコード会社と契約。ゴスペルとR&Bをミックスさせたソウルミュージックでスーパースターになる…。レイ・チャールズの半生を綴った伝記映画。

<個人的な感想>

クリスマスが近づくこの時期、なぜか
レイ・チャールズのコンサートに行きたいと思うものだった。丁度クリスマスに合わせて来日コンサートをしていたからかもしれない。
実際、彼の生前に1度だけコンサートに行く事が出来た。

私の年代では、多分サザンいとしのエリーを歌っていると言う事くらいしか知らないかもしれない。私も彼に対してはその程度の知識しか無かった。けれど何故か惹き付けられた。

そんな私だったから、この映画にはとても興味がありました。
早く観たかったのですが、なかなか見る機会も作れず、ようやく最近観た、と言う所です。

一言で言うなら、「予想以上に良い映画」でしょうか。大満足でした。
ジェイミー・フォックスの演技は本当に極似でした。実際にコンサートで見たのはもっと年老いてからだったのですが、本人と重なりました。

この映画を観て泣いてしまった方はいらっしゃいますか?
私は泣いてしまいました。

幼少期の母親とのシーンには泣けました。
貧しくとも、いや貧しいから毅然とレイを育てていく母は偉大だと思いました。
部屋の中でバッタを掴めたシーンは号泣物でした。
また、養護学校へ送り出すシーンもグッときました。
この母ありてレイ・チャールズあり、でしょう。

そして、幼少期の弟の死のトラウマがレイをドラッグに引き込んでしまうのですが、レイを目覚めさせた妻の一言にもゾクっと来ました。

「ドラッグを止めないとあなたの大好きな音楽が出来なくなる」

だなんて、そこまで言えないと思いました。
我々凡人には到底言えない一言でしょう。
さすが大物の妻です。

この映画でレイ・チャールズはどんな人間だったのか、と言う事がよく分かりました。
偉大なアーティストとしての面だけでなく、幼少期のトラウマやドラッグ、激しい女遊びなど一人の人間としての彼を垣間見れた気分で、そこがまた良かったです。
また、レイのライブは圧巻でした。どの曲もどこかで聴いた事がありました。

また改めてレイ・チャールズを聴きたいと思いました。

そして生前、コンサートに行けて本当に良かった、と思いました。

<こんな人にお勧めです>

まだ観てない人★★★★★
音楽が好きな人★★★★★
実話物に弱い人★★★★★

とにかくお勧めです!


>> 他の人の感想を見てみる
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(5) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

2046

2046 スペシャル・エディション<初回限定版>

2046 公式HP



<ストーリー>

1960年代の後半、香港の古びたホテルに住むチャウ(トニー・レオン)は、それまで自分が接してきた女性たちとの思い出やこだわりを胸に、ある近未来SF小説『2046』を書き始めていく。それは、失われた愛を見つけることができるという“2046”へ向かう謎の列車の物語。2046から帰ってきた者はいないという。ただひとりの男(木村拓哉)を除いては。そして今、男は再び列車に乗り込んでいた…。

<個人的な感想>

その不思議な未来では、ミステリートレインが動き出し、アンドロイドが恋に落ちる。

こんな宣伝文句、ずるいよね〜。てっきり近未来のSF映画かと思いました。
って言う人多かったんじゃないですか?
そんな頭で見始めたので、最初1960年代??と頭の中はパニック状態でした。
しかし、見始めて行くうちに物語の中へ吸い込まれていきました。
2046とは西暦を指しているのではなく、部屋番号なのだ。
2046を出て行った者はいるが、戻ってきたのはただ一人、とういのが主人公チャウとぴったり重なる。

案外、嫌いではない。

そう言えばウォン・カーウァイの映画は今までにも何本か観てきたんだっけ。

キャストが豪華。俳優ではトニー・レオン、女優ではコン・リーチャン・ツィーフェイ・ウォン と来たもんだ。アジアがぎっしり詰まってる。
チャン・ツィーってアジエンスのCMのイメージが強くて(笑)、どっちかと言うと清楚、ってイメージだったのですが、こんな役もやるんだなぁ、とびっくりさせられました。さすが、女優。
コン・リーも影のある女性役を雰囲気一杯に演じていました。

簡単に分かりやすく一言で言えば、トニー・レオン演ずるチャウのモテモテ女性遍歴日記と言う内容なのだが、物語にグイグイ引き込んでいくのは、さすがトニー・レオンである。
彼が醸し出す男の色気や哀愁は観る側にゾクゾク感とワクワク感をもたらしました。(女性にはたまらない感じ!)

この映画はキムタクが出演して話題になっていたのですが、キムタク目当てで観た人はちょっとしっくり来なかったかもしれませんね。
出番が少ない。しかも、劇中劇でかなり物語の中では浮いた感じでした。

でも、映画好きな人ならば楽しめる作品だと思います。

<こんな人にお勧めです>

ウォン・カーウァイ監督の映画は今までにもかなり観たが、まだこれは観ていない★★★★★
しっとりした感じのものが観たい気分★★★★☆
トニー・レオン最高!★★★★★
キムタク目当てで観たい★☆☆☆☆


>> 他の人の感想を見てみる
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ベルリン天使の詩




<ストーリー>

天使のダニエルは、地上の人間たちの心の声を聞くことができる。彼は地上に下りて、人間の側によりそい、その声を聞いているうちに、サーカスのブランコ乗りの女に恋をした。彼は、人間になって彼女を抱きしめたいと願うが…。

<個人的な感想>

ハリウッドでこの映画をリメイクしたのは「シティ・オブ・エンジェル」ですね。実は、リメイクの方は観ていません・・・。あんまり評判が良くなかったからだったかなぁ・・・。理由は忘れました。そして借りる時期を逃し今に至ります。また、気が向いたら借りてみようかなぁ・・・。
リメイクものよりも、どっちかって言うとオリジナルの方が大抵好きな私です。
両方観た方は、どっちが良かったですか?

地味にストーリーは進んでいくのですが、観始めたら面白くて最後まで止まりませんでした。
私にとって印象深いのは、所々に出てくる人々の心の中の呟きが混線している電話のようにザワザワと聞こえ、天使がそれに耳を傾けている、という場面と、モノクロの世界からカラーの世界に変わるところです。

人々の心の内にはいろいろな感情や思いがあります。心の内は表面には出ないので率直に思った事が言えますが、それは暗く悲しく、負の要因が多かったりするものです。そんな人間の影の部分は味気ないモノクロの世界そのものなのかもしれません。
しかし、人々は恋をしたり、愛する事で美しいカラーの世界に誰でもどんな人でも生きる事が出来る。
そんな事を感じる映画でした。

実にこの天使は哲学的で、誠実、真面目で、それまでに持っていた「天使」のイメージが崩された作品でもあります。(笑)

最近ではブログが流行って、本当にいろいろな人がいろいろな事を書いていますよね。
私もそんな一人なのですが、ブログの新着の一覧がずらっと並んでいるものを見ると、人々のざわめきが聞こえてくるようで、この映画の事を思い出します。

観終わった後には心がほわっと温かくなる、そんな映画です。
観ていない人は1度は見る価値ありです。

<こんな人にお勧めです>

ほっこりしたい気分★★★★★
リメイクの観比べをするのが好き★★★★☆
派手な映画のが好き★☆☆☆☆


>> 他の人の感想を見てみる
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

8 Mile

8 Mile ◆20%OFF!

8 Mile  HP


<ストーリー>

主人公はエミネム演じる、通称“ラビット”こと白人青年ジミー。自動車産業も斜陽のデトロイトを背景に、黒人の文化であるヒップホップの世界で、彼はプロ・デビューを目指す。黒人たちの前で本来のラップの才能を発揮できないジミーの挫折&成長物語に加え、モデルを夢見る恋人や、男関係に自堕落な母、幼い妹をめぐる切ないエピソードも絡んでいる。

<個人的な感想>

HipHopやラップには疎い私ですが、「エミネム」って名前や、曲は耳にしたことがあって観てみました。彼の半自伝的映画、って事も興味をそそられました。一言で言えば、「青春映画」ですね〜、ってとこですね。

前半は、何だか煮え切らずウジウジした雰囲気でちょっとイライラしたのですが、それはやっぱり青春映画だから仕方ないですね。(笑)
私も若い頃は(笑)いろいろ悩んでいました。

見所はやはり、ラップのバトルでしょう。汚いスラングで相手を言い負かしていくのには圧倒されました。

映画のBGMもカッコ良かったですね。

<こんな人にお勧めです>

エミネムが好き★★★★★
HipHopが好き★★★★☆
ちょっと青春映画を観てみたい★★★☆☆


>> 他の人の感想を見てみる



posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー ◆20%OFF!

ラブ・アクチュアリー HP


<ストーリー>
12月のロンドンを舞台に、クリスマスに向けて様々な人による 「愛の形」が描かれています。

<個人的な感想>

この映画は、文句なしにお勧めです。観た事が無い人には「絶対観て!」と言いたくなる様な、そんな映画です。

複数の物語がクリスマスに向けてラストスパートしていくのは、一種のカタルシスに近い感覚に教われました。
それぞれが、それそれの形で迎えるハッピーエンドは、一言では言えない様な幸福感を味わいました。
初めて観た時は、大泣きしてしまいました。

どこにでもありふれている事ばかり、そして難しい事は何一つ無い。みんなが望むもの。
そんな日常。でも、一人一人が人生の主役。

そんな言葉が頭を過ぎりました。

多分、この涙は、こんな素敵な世の中に生きている事への感激の涙なのでしょう。
同じような毎日で見過ごしていきそうな「大切なもの」を改めて感じさせてくれました。
暗いニュースは毎日流れてくるけど、この映画を観たらハッピーになれる、そう思いました。

冒頭のナレーションが大好きです。

<こんな人にお勧めです>

とにかくハッピーな気分になりたい!★★★★★
ヒュー・グラントは大好き!★★★★★
この映画はまだ観てない★★★★★
何か面白い映画を観たい★★★★☆

*5段階評価(★が多いほどお勧め)


>> 他の人の感想を見てみる
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 02:16| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

21g



最近レンタルで観た映画です。お勧めなのかどうなのか・・・分かりませんけど、結構こういう系統の映画は好きです。
きっかけは、ロスト・イン・トランスレーションの予告編に入っていて面白そうだなぁ〜と思っていたのですが、なかなかレンタルも出来なくてやっと最近観た、ってとこなんです。

タイトルの21gと言うのは人間が死んだ時に減る重さの事だそうです。
だから魂の重さなどと言われるのでしょう。

<ストーリー>

心臓病でドナー待ちの患者(ショーン・ペン)と、交通事故で夫を失った妻(ナオミ・ワッツ)、その加害者(デル・トロ)の3人が引き寄せられるように絶望的なトライアングルが描かれています。

<個人的な感想>

題材が物凄く重く、いろいろ考えさせられる映画でした。
台詞の一つ一つにも重みがあり、いつまでも耳に残っています。一番印象に残っているのが「それでも人生は続く」ですね。
どんなに苦しくとも、悲しくとも、やるせなくとも、死ぬまで続いて行く。それが人生なんだなぁ、と当たり前の事が身に染みた、と言う感じでした。
海外では頻繁に行われる移植手術。脳死判定も日本よりも基準が甘い、などとも言われています。移植患者がドナーを知りたい、と言う気持ちは自然なものですが、この映画のように知ってしまったらショックが大きい場合が多いですね。人の死と引き換えに自分に命を与えられた、と言う罪悪感も持つものなのでしょう。結局、移植では全てが救われないと思います。お金儲けで臓器売買、なんていうものもあったりしますしね・・・。移植に変わる人工臓器が早く開発される事を思わず心から願ってしまいました。

あと、フラッシュバックするような、また点が繋がっていくような映像の繋げ方が上手いなぁ・・・と思いました。

しかし、3人の演技力は凄いですね。

<こんな人にお勧めです>

いろいろ考えさせられる映画が好き★★★★★
ダンサー・イン・ザ・ダークは好き★★★★★
思いっきり落ち込みたい★★★★☆ 
明るい映画が好き★☆☆☆☆

*5段階評価(★が多いほどお勧め)


>> 他の人の感想を見てみる
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(2) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。