2005年11月23日

2046

2046 スペシャル・エディション<初回限定版>

2046 公式HP



<ストーリー>

1960年代の後半、香港の古びたホテルに住むチャウ(トニー・レオン)は、それまで自分が接してきた女性たちとの思い出やこだわりを胸に、ある近未来SF小説『2046』を書き始めていく。それは、失われた愛を見つけることができるという“2046”へ向かう謎の列車の物語。2046から帰ってきた者はいないという。ただひとりの男(木村拓哉)を除いては。そして今、男は再び列車に乗り込んでいた…。

<個人的な感想>

その不思議な未来では、ミステリートレインが動き出し、アンドロイドが恋に落ちる。

こんな宣伝文句、ずるいよね〜。てっきり近未来のSF映画かと思いました。
って言う人多かったんじゃないですか?
そんな頭で見始めたので、最初1960年代??と頭の中はパニック状態でした。
しかし、見始めて行くうちに物語の中へ吸い込まれていきました。
2046とは西暦を指しているのではなく、部屋番号なのだ。
2046を出て行った者はいるが、戻ってきたのはただ一人、とういのが主人公チャウとぴったり重なる。

案外、嫌いではない。

そう言えばウォン・カーウァイの映画は今までにも何本か観てきたんだっけ。

キャストが豪華。俳優ではトニー・レオン、女優ではコン・リーチャン・ツィーフェイ・ウォン と来たもんだ。アジアがぎっしり詰まってる。
チャン・ツィーってアジエンスのCMのイメージが強くて(笑)、どっちかと言うと清楚、ってイメージだったのですが、こんな役もやるんだなぁ、とびっくりさせられました。さすが、女優。
コン・リーも影のある女性役を雰囲気一杯に演じていました。

簡単に分かりやすく一言で言えば、トニー・レオン演ずるチャウのモテモテ女性遍歴日記と言う内容なのだが、物語にグイグイ引き込んでいくのは、さすがトニー・レオンである。
彼が醸し出す男の色気や哀愁は観る側にゾクゾク感とワクワク感をもたらしました。(女性にはたまらない感じ!)

この映画はキムタクが出演して話題になっていたのですが、キムタク目当てで観た人はちょっとしっくり来なかったかもしれませんね。
出番が少ない。しかも、劇中劇でかなり物語の中では浮いた感じでした。

でも、映画好きな人ならば楽しめる作品だと思います。

<こんな人にお勧めです>

ウォン・カーウァイ監督の映画は今までにもかなり観たが、まだこれは観ていない★★★★★
しっとりした感じのものが観たい気分★★★★☆
トニー・レオン最高!★★★★★
キムタク目当てで観たい★☆☆☆☆


>> 他の人の感想を見てみる
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2046
Excerpt: 2046 公式HP &amp;lt;ストーリー&amp;gt; 1960年代の後半、香港の古びたホテルに住むチャウ(トニー・レオン)は、それまで自分が接してきた女性たちとの思い出やこだわりを..
Weblog: お気に入りの 「音楽」 と 「映画」 で過ごす日々♪
Tracked: 2005-11-23 12:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。