ようこそ

どんな音楽が好き?
R&B/Soul   R&B クラシックソウル ゴスペル ファンク モータウン 
ブラックコンテンポラリー ディスコ  アーティスト別
HipHop   HipHop一般 アンダーグラウンド イーストコースト 
ウェストコースト オールドスクール ターンテーブリスト
 ギャングスタ・ハードコア サザンラップ ニュースクール コンピレーション アーティスト別  
POPS   ティーンポップ フレンチポップ ダンスポップ テクノポップ ユーロビート オールディーズ 60s-70s  80s  90s以降
 アーティスト別
ROCK  プログレッシヴロック  グラムロック  オールディーズ
60s-70s  80s  90s以降 フォーク・ソフトロック・AOR
アーティスト別
Jazz   アーリージャズ ニューオーリンズジャズ スウィングジャズ ビッグバンド   ビバップ  モダンジャズ  フリージャズ
トラディショナルジャズ  スムースジャズ  ジャズヴォーカル  J-ジャズ  ラテン・ブラジリアンジャズ フュージョン
コンピレーション 楽器別 アーティスト別  
jpop  ロック ポップス アイドルポップ パンク・オルタナティヴ
ソウル・R&B  ヒップホップ テクノ  ダンス・ユーロビート
 フォーク・ニューミュージック  沖縄民謡・沖縄ポップス
アーティスト別
1 1-1
1 1-1
 

  

2005年12月20日

Cover Girls / Greatest Hits

Cover Girls / Greatest Hits

試聴.JPG cart_004.gif


*この試聴1曲目と7曲目のタイトルが違います。1曲目が「Show Me」ですね。

男女7人秋物語で歌っていたのは森川由加里ですが、オリジナルはカバー・ガールズです。
森川由加里って懐かしいな〜。石井明美とかもいたよね。「チャチャチャ」だったけど。あ、何か懐かしい。(笑)

87年に日本でもこのShow Me がスマッシュヒットしました。
この1曲しか思いつかないのですが、なんだか懐かしいです。

カヴァー・ガールズって・・・・

生粋のニューヨーカーのルイーズ・サバター(エンジェル)を中心とした人気ガールズグループ。
また、エンジェルの他のメンバー二人、サンシャイン・ライトとキャロライン・ジャクソンの二人は、女優兼モデルという、マルチな才能を持った個性的な面子であったのも、その特徴の一つ。
ヒット曲のショウ・ミーは、インディレーベルから出されたものだったそうです。
異例のヒットとなった訳ですね。

その後もバラードなどのヒットを飛ばしたそうですが、私の記憶には無いですねぇ・・・。




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 17:04| Comment(7) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

Bryan Adams /Reckless

Bryan Adams /Reckless

試聴.JPG cart_004.gif


ロックのバラードっていいですよね♪ブライアン・アダムスヘブンが聴きたいが為に買ったようなアルバムRecklessティナ・ターナーとのデュエット曲It's Only Love なんかも入っているアルバムです。

アルバムタイトルのRecklessとは、むちゃな, 無鉄砲、と言う意味。タイトルからもロックしてる、って感じですよね。(笑)

そう、この方カナダ生まれの生粋のロッケンローラーなんですよね♪


「俺はお前のパンツになりたい(アイ・ワナ・ビー・ユア・アンダーウェア)」

もしくは

「俺は死ぬまで18歳だ(18.ティル・アイ・ダイ)」

なんて言う、ちょっとこっぱずかしくなるような、かつストレートなメッセージを放ち続けています。79年のデビュー以来、第一線で突っ走り続けています。
91年にはケビン・コスナー出演映画『ロビンフッド』の主題歌『(Everything I do) I do it for you』が全世界で1300万枚以上のセールスと大ヒット。
93年には、やはり映画『三銃士』の主題歌『All For Love』が大ヒット。
ブライアンと、スティング、ロッド・スチュワートというロック界の
ハスキー・ボイス三銃士がタッグを組んだことでも話題になった。
く〜!ハスキーヴォイス好きにはたまらない!

でも、特に80年代の人気は凄かった、と記憶しています。

気分爽快なロックと言う感じで、聴いていると気分がよくなります♪
なので、ドライブのお供に私はよく持って行ったりするのですけど。

耳に馴染みやすい曲も魅力なのですが、声がいいんです。声フェチ私の場合最大の魅力は声です。

たまらないハスキーヴォイスなんですよ♪ハスキーな声は基本的に大好きなんです。

このアルバム以外にも数枚持っています♪







posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WHAM!/Final

WHAM!/Final

試聴.JPG cart_004.gif


この時期になると絶対どこかで流れるワム!Last Christmas
この曲に関しては毎年流れてくるので、懐かしさがなんだか無いですね〜。(笑)

ワム!は最近イギリスで同姓結婚する(したのか?)ジョージ・マイケルと今はどこぞ?のアンドリュー・リッジリーの英国デュオ。
作詞・作曲を全てしていたジョージ・マイケルのソロ活動への強い希望で86年に解散。
82年から86年とわずか4年の活動ではあったが、当時の人気は不動のものであったし、今だに聴いている人も多い事だろう。
ラスト・クリスマスは今でも世界中で愛されるクリスマスソングの1曲となっており、この時期になると様々なところで耳にする事が出来る。

ラスト・クリスマスの曲はロマンチックな感じがして、クリスマスにぴったりなんだけど、歌詞が案外暗いんですよね。(笑)
大まかに言えば 去年のクリスマスに振られたって歌詞ですからね。

86年に解散したので、微妙にリアルタイムでは聴けなかった年代です。
解散後ソロ活動し始めたジョージ・マイケルを聴いて、ワム!を知った、と言う感じです。

でも西条秀樹郷ひろみなんかがカヴァーしていたので、知らずと耳にしていたんだと思いますけど。

あ、そう言えば最近では織田裕二がカヴァーしていましたね。演技は好きだけど、歌はあんまり好きなほうではないなぁ・・・。ボソっ。


ワム!のアルバムは解散後発売された「ザ・ファイナル」をよく聴きました♪
今でも好きなアルバムです☆




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

Bobby Brown /Don't Be Cruel

bobby brown /Don't Be Cruel

試聴.JPG cart_004.gif


ボビー・ブラウンのこのアルバムDon't Be Cruelは懐かしいし、今聴いてもいいです♪

アルバムタイトルのDon't Be Cruelブリトニー・スピアーズがカヴァーしたMy Prerogative、そして私がボビー・ブラウンと言ったらこの曲、Every Little Stepが収録されています。


ボビー・ブラウンは90年前後のニュー・ジャック・スウィング/ダンス・ブーム期、日本においても絶大な人気を誇っていた。
92年には、ホイットニー・ヒューストンと結婚。
しかし、その後、ブラウンの酒場でのケンカ/飲酒運転/麻薬といった傍若無人ぶりにファンの心は離れていくばかりとなってしまう。
最近でも逮捕されたり懲りないようですねェ・・・。
現在も離婚説は飛び交っていますが、まだしていないようですね。


現在はともあれ、昔はカッコよかったんだけどなぁ・・・。

まぁ、曲には罪は無いけど、ちょっと人間性にはがっかりかな。



となりまちショッピングモール Store-mix.com
posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sheena Easton /THE LOVER IN ME

Sheena Easton

試聴.JPG cart_004.gif


シーナ・イーストンMorning TrainModern Girl辺りは懐かしい!と言う方が多いでしょうね♪

Morning Trainは缶チューハイのカロリのCMでSoweluがカヴァーしています。

80年代序盤、EMIレコードのオーディションをきっかけにシングル「Modern Girl」でデビュー。ブレイクのキッカケになったのは2ndシングル「Morning Train」の方。

88年のアルバム『THE LOVER IN ME』に収録された、L.A.&ベイビーフェイスのプロデュース・シングル「The Lover In Me」が全米チャートの2位にランク・イン。

ヒットは主にポップ・チューンで、ハリのあるエネルギッシュなヴォーカルが前面に出されているが、アルバム中にはしっとりとしたバラードも多く、コンテンポラリーなR&Bに取り組んだり、ジャズのスタンダード・ナンバーのカヴァー・アルバム『NO STRINGS』もリリースしている。

最近ではTVドラマへの出演をはじめとする女優業、また声優業(アニメ)へも積極的に取り組んだりする養子2児の母親である。


って事なんですが、私は80年代後半から聴いていた世代なので、アルバム『THE LOVER IN ME』が懐かしく思います。

このアルバムの中の、101は当時交際されていたと言われるプリンスが手がけた作品なんですよ。
って事が話題になっていたと思います。

でも、商業的にはあまり成功しなかったようです。

だけど、私このアルバム結構聴いていましたね〜♪




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 17:44| Comment(15) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bangles/Eternal Flame

The Bangles/Eternal Flame

試聴.JPG cart_004.gif


バングルス。このガールズグループも懐かしいです♪
私が聴いたのは、まさに全盛期の時。In Your Roomや、もちろんEternal Flame はよく聴きました。

Eternal Flame は好きな曲のひとつで、カラオケでも歌ったりします。
とても、甘くて切ない感じの印象的なメロディーでいろんな人にカヴァーされています。

日本でもたしかTOKIOの長瀬くんがカヴァーしていたと思います。それ聴いた時にはちょっとびっくりしました。

バングルスはヴィッキー&デビーのピーターソン姉妹とスザンナ・ホフス、マイケル・スティールが'81年に結成。
「Manic Monday」「Walk Like an Egyptian/エジプシャン」「Eternal Flame/胸いっぱいの愛」などのヒットソングを生み出した。
グループは'89年に人気絶頂の中、解散。最近では'02年に再結成。


う〜ん。ガールズグループって昔から人気絶頂期に解散なのかな。
人気絶頂で解散しておけば、再結成した時も話題にはなるけどねぇ・・・。

そういえば、最近はデスチャの解散がありましたよね。




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Whitesnake/Is This Love

Whitesnake

試聴.JPG cart_004.gif


こういうHM・HRなんかもチャートを賑わせていた80年代。ホワイトスネイクIs This Loveはよく聴いた覚えがあります。
ソウルフルなバラードで、聴いていて何だか引き込まれるようなかんじでした。

当時はとりあえずチャートに昇ってきた曲を片っ端から聴く、と言う感じでした。
洋楽を聴き始めた頃なので、手当たり次第でしたね。(笑)
その中から、自分の好きな系統の音楽を探していた、と言う感じです。
HM・HRはあまり聴かないのですが、やはり良い曲というのは、どんなジャンルであっても耳に残っています。

ところで、このホワイトスネイクとはどんなバンドだったのでしょう・・・。

元ディープ・パープル三代目(vo)のデヴィッド・カヴァデール率いる、UKのHRバンド。
77年にアルバム『ホワイトスネイク』でソロ・デビューを果たし、翌78年、ライヴ・ツアーを敢行するべく結成されたのが、このホワイトスネイク。同年1st『トラブル』をリリース。
82年より大胆なメンバー・チェンジを繰り返すようになり、音楽性もそれまでのアーシーなものから大衆を意識したポップ路線へと徐々にシフト・チェンジ。
それが顕著となったのが87年の『サーペンス・アルバス』。徹底的にドラマティックなアレンジ、熱っぽいメロディ・ラインが光るこのポップ作は、当時のHR/HMブームと相まって、空前の大ヒットを記録。
90年に解散。94年には、再結成するも再解散。

なるほど〜。丁度、私は最盛期の時に聴いていたんですね。

これも、懐かしいなぁ〜・・・。こんな曲も聴いていました♪





posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

Bon Jovi/Bon Jovi

Bon Jovi

試聴.JPG cart_004.gif


最近3年ぶりにHave a Nice Day をリリースしたボン・ジョビ。来日コンサートもあるようですね。

私が初めて聴いたのはRunawayだった・・・。って言っても麻倉未稀の方のが先。(笑)大映ドラマの乳兄弟ってあったでしょう?主題歌でRunaway歌ってたんだよね〜。
この人いろいろカヴァー曲歌ってるんだよね〜。

オリジナルがBon Joviだと知り、このアルバムを借りました。丁度ブレイクしてFMでもよくかかっていたし聴きやすいながらにも(こう言われるのは嫌いみたいですが)重厚なロックの音がカッコよくて私もはまりました。

当時、カッセットテープのCM(アクシアだったわ☆)にも出ていて、アクシアのテープをよく買った!(笑)Livin' On A Prayerじゃなかったかな?
で、近所の電気屋さんにテープを買いに行ったらこのCMのポスターが!

「いくらですか?」

って聞いていました。(爆)売り物じゃなかったのですが、お店の人はいい人で余りがあるからあげるよ、と1枚くれたんです。
結構レア物?今でも持っています♪

Alwaysあたりまでで、最近は聴かなくなったけど、古いものなら歌えるかも♪






posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラウン・バニー

ブラウン・バニー



<ストーリー>

『バッファロー’66』に続く、ヴィンセント・ギャロの監督・主演作。バイクレーサーとして全米を転戦するバドが、別れた恋人デイジーへの想いを胸に東海岸からカリフォルニアへ向かう。旅の途中、彼は何人もの女性と出会うが、そのたびに頭をよぎるのはデイジーの面影。カリフォルニアに着いたバドは、かつて彼女と暮らした家に置き手紙を残すのだが…。
2003年度カンヌ国際映画祭において、前代未聞の絶賛とバッシングの嵐を巻き起こした作品。

<個人的な感想>

バッファロー’66が面白かったし、またパッケージに問題作の文字が気になって観てみました。
淡々と流れていくロードムービー。台詞が少ない。問題作ってどこが?と思うような前半でした。また、前作を髣髴させるような展開で「あれ?」と思わされたりしました。
観ている方も東海岸から西海岸への長い道のり、真っ直ぐな道が何だか果てしない気がして不安になりそうでした。
台詞が少ないので、どういうことなのか分からない場面もあったりしました。
ところが、元恋人のデイジーの家に着いた頃から物語りは急激に加速して行きます。

ここからが、なるほど問題作だわ・・・と思わされるシーンの連発。

ネタバレはしないことにしますが、最後まで見ると納得するはずです。

デイジー役のクロエ・ヴィニーは実際にあの演技をしていたそうです。彼女だから出来たのかも。結構、吹っ飛んだ役をやっていますからね。

実際、この映画を撮影中は夫婦のように過ごし、恋人関係にあったとも言われています。
あまりにもリアリティー追求しすぎ!

この映画は「喪失感」を描きたかったそうなのです。ヴィンセント・ギャロはかなりの間この話を温めていたそうなのですが、ぼろくそに言われたり、賞賛されたり、評価は賛否両論のようですね。

私は正直、前作と雰囲気が違ってびっくりしました。

最後まで観ると、割りと好きな映画かも、と思えました。

ちなみにこの映画15Rです。

<こんな人にお勧めです>

問題作と言われるものに興味がある★★★★☆
ヴィンセント・ギャロが好き★★★★☆
悲しみに沈んでいて、その気持ちをシンクロさせたい★★★★☆





posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pet Shop Boys/ACTUALLY 

Pet Shop Boys/ACTUALLY 

試聴.JPG cart_004.gif


今では貫禄さえ感じるペット・ショップ・ボーイズも80年代は乗りに乗っていた気がします。よく聴きましたからね♪
今でもかなり好きです。

Always on my mind あたりが最初に聴いた曲になるんだろうか・・・。
初めて聴いた時は、ニール・テナントの特徴のある声が耳から離れませんでした。
これは人の声なの?!って思いました。(笑)

また、テクノっぽい音楽ってあまり好きではなかったのですが、彼らの音楽は聴いていてポップで馴染みやすいので、すんなり受け入れれました。
そうかと思うと、どこか哀愁を感じさせるような曲もあったり・・・。
どこか人間味が残っているからエレクトチックな音楽でも好きなのかもしれません。

他にもたくさん好きな曲はありますが、とりあえず私の懐かしい曲、と言ったらAlways on my mind It’s A Sinあたりと言う所でしょうか。

何故か何度聴いても飽きません♪このアルバムもお勧めです☆





posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

Bananarama/Wow!

Bananarama

試聴.JPG cart_004.gif



バナナラマも懐かしいですね。
バナナラマで有名なのはショッキング・ブルーのカヴァー曲ヴィーナスなんだろうけど、個人的にはI Heard A Rumourの方のが良く聴いた気がします。

ヴィーナスはバナナラマの方を先に聴いたのですが、ショッキング・ブルーのオリジナルもカッコよくて好きです。

そして、この曲、今や演歌の女王長山洋子もカヴァーしていたんですよね!この人元はポップアイドル路線だったんです。
と、話はズレましたが・・・。

スパイス・ガールズの先輩的な英国のサラ・シボーン・カレンによる3人組ガールズグループ。80年代に何曲かヒットを飛ばしています。
88年にシボーンが「子育て専念」を理由に脱退(父親はユーリズミックスのデイヴ・スチュアート)。その後2人で活動を続けるも消えていきました。が、2000年に入って80年代の音楽がリバイバルし、その勢いに乗ってか再結成したそうですね。

それにしても、このジャケエロいですね。(笑)


posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

Paula Abdul/Forever Your Girl

Paula Abdul

試聴.JPG cart_004.gif



ちょっと前にベスト盤が出ていてびっくりしました。
ベスト盤はこちら!>> The Greatest Hits

ポーラ・アブドゥル!この人も懐かしいです。初めて聴いたのはStraight Up
な〜んかクセになるんですよね。声はあんまり好きなタイプではなかったのですが、どうしてか聴けば聴くほどクセになってしまう。個人的にはそういう人でした。

このアルバムって確かあいつにノックアウトって邦題が付いていた気がします。今考えると笑えるんですけど。

ポーラ・アブドゥル、って名前の響きがアラブっぽくって(実際アラブ系のようですが)、一度聞いたらその名前も忘れられない、って感じでしたね。
彼女は振り付け師でもあり、ジャネット・ジャクソンの振り付けをしていたのは有名なお話。ポーラ自体もPVでは華麗なダンスを披露していました。
そんな彼女の曲は踊る事を前提としたようなダンサブルでノリのよい曲ばかり。
そんな所が良かったのかなぁ・・・。本当に当時はテープが擦り切れるくらい聴いていました。

当時はかなり好きなアーティストでした♪

3枚アルバムを出して消えてしまったので寂しく思いました。2枚目の「スペルバウンド」と3枚目の「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」は買って今でも持っているのですが、この1stアルバムだけは持ってません・・・。

今でも彼女の曲はたまに聴きたくなります♪







posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

Eighth Wonder/Fearless(クロス・マイ・ハート)

Eighth Wonder

試聴.JPG cart_004.gif



クロス・マイ・ハートをカヴァーしたマルティカと比べてみてください。

エイス・ワンダーも当時よく聴いていました。

このエイス・ワンダーのヴォーカルのパッツィー・ケンジットは女優さんでもあるんですよね。
4歳の頃に映画『華麗なるギャツビー』に出演。その後も子役として活躍を続けていたそうです。

このエイス・ワンダーは兄と結成したもので結構ヒットを飛ばしていました。
試聴がなかなか無いのが残念。パッツィーの甘ったるいような歌声は結構好きなんです。

また、彼女はオアシスのリアム・ギャラガーと結婚しました。が、いろいろ問題があったようで離婚していますね。

これも懐かしい1枚です。私はやはりレンタルしてテープにダビングしていましたが。
まだ中学生でお金が無かったんですよね。

これもまた聴きたい1枚かも♪





posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

Martika/Martika

Martika

試聴.JPG cart_004.gif



彼女も懐かしいですね。覚えてる?マルティカですよ。
私って昔から女性シンガーが大好きだったんだな、って思います。(笑)
と、言うか女性の方のが元気で目立っていたのかもしれませんね。

Toy Soldiersが彼女の代表作。よくかかっていました。よく聴いたわぁ。
あと、Cross My Heartもよく聴きましたね。これってエイス・ワンダーのカヴァーなんですよね。こちらも懐かしい!エイス・ワンダーも聴いたわ!

このアルバムはレンタルしました。テープに録音(テープ時代!)して何度も聴きましたよ。

個人的にはI Feel The Earth Moveがアップテンポで好きでした。

歌唱力もあり、聴き応えがあります。どことなくマドンナを思わせるような感じがします。

当時、マルティカとマドンナはお友達でもあったそうですよ。

今聴くと懐かしさもあるけれど、新鮮に感じたりもするのは何故だろう・・・。

この方もベスト盤が出ています。ベスト盤はこちら>>The Best of Martika

また聴きたくなりました♪







posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tiffany/Greatest Hits

Tiffany

試聴.JPG cart_004.gif


お勧め、と言うか単に懐かしい曲になっています。(笑)知ってます?ティファニーって。

80年代のアイドルで、結構ヒットした曲があります。

例えば、I Think We're Alone Nowとか、ビートルズのカヴァー曲I Saw Him Standing Thereですね。

I Saw Him Standing Thereは最悪なカヴァーとか言われているみたいですけどね。(汗)

でも、当時はよく耳にしたかなぁ・・・。私の記憶ではスマッシュヒットって感じにしか覚えていないですけど。

この写真が全盛期の頃らしいです。アイドルなんだけど、アイドルっぽくない歌い方だなぁ、と思いながら聴いていました。
ピンと来ない人も試聴出来るので聴いてみると案外聴いた事ある!って思うかも・・・。

やっぱり、この時代の音楽って親しみやすくて、またあっけらかんとしていてノリがいいですね。
そういう所が好きですね☆





posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

Kylie Minogue/Ultimate Kylie

カイリー・ミノーグ

試聴.JPG cart_004.gif


カイリー・ミノーグ。この人も80年代の音楽には欠かせない人ですね。懐かしいです。
有名どころではThe Loco-Motionや、I Should Be So Luckyなんかはよく聴いたし懐かしいナンバーです。
彼女のベスト盤もたくさん出ています。どれも懐かしい曲ばかりです。

90年代に入ると人気も衰えて姿を消したなぁ・・・と思っていたのですが、2000年に入ってアルバムFeverカイリー・ミノーグで復活。Can't Get You Out Of My HeadのPVはカイリー・ミノーグがいっぱい出てくるものでMTVでもよく流れていました。

初期の頃の親しみやすくて明るいお姉さんは、年齢を重ねてセクシーさも兼ね備えた女性になっていました。その大復活の現役バリバリぶりに私はびっくりしました。

最近では乳癌と診断されて手術したそうです。手術は成功し、暫くの休業が必要との事。
私も年齢はそう変わらないので、同じ女性として気をつけなければならない事柄だと思いました。

お大事に・・・・。





posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rick Astley/Greatest Hits

Rick Astley

試聴.JPG cart_004.gif 



80年代のポップスと言うかダンスミュージックでよくかかっていたのは、この人、リック・アストリーです。
何だか急に聴きたくなりました。懐かしい・・・。

どっちかと言えば童顔だと思うのですが、声は結構野太いんですよね。(笑)
そこがギャップがあっていいと思うのですが。好きでしたね☆

当時は本当によくかかっていました。
こんなベスト盤出ていたんですね。他にも数枚ベスト盤出ているみたいです。

Never Gonna Give You UpTogether ForeverShe Wants to Dance With Meあたりは聴いてみれば、「あ、この曲聴いた事がある!」って思うかも。

当時は三ツ矢サイダーのCMにも出たりしてたんですよね。

この辺りのポップスは嫌味が無くって爽やかな本当に明るく楽しい、って感じで好きです♪
それにしても懐かしい☆




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

バタフライエフェクト

バタフライエフェクト


<ストーリー>

君を救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。

<バタフライ・エフェクト>とは、「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」=初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出す、という意味のカオス理論の一つ。精緻なパズルのように組み上げられたストーリー。ノンストップで繰り広げられるサプライズの連続するクライマックス。5感を挑発し、感情を揺さぶる未体験の興奮。サスペンスに満ち、同時にエモーショナルで感動的な愛の物語。

<個人的な感想>

もしも、あの時に戻れるなら、こんな選択はしなかったのに・・・・。
と後悔する事は人生つきものだと思う。
人生においてターニング・ポイントというものは誰でも存在すると思うし、過去を変えられないからこそ上手く行かないと後悔したりするものである。

けれど、過去に自由に行けて変えれるとしたら。

なんて事は子供の頃からよく考えていたことっだたりする。

もしも・・・ならば・・・。

しかし、いつも思うのである。例え過去を変えたからって自分の人生が本当に変わるのだろうか?疑問である。自分の性質自体が変わらなければ人生も変わりやしないだろう。そう思ってそんな事は出来ない方がよいのだ、という自分なりの考えに辿り着きそんな空想ごっこもしなくなって行った。

そんな事を考えていた頃を思い出すような映画でした。

過去へ戻れる能力が突然身についてしまった主人公は大切な人の幸せを願って何度も過去へ戻る。ところが、簡単に幸せにはなれない。果てには自分自身に、また愛する人へも災難が降り注ぐ。
過去を変えたことにより、現在がどう転ぶのか分からないスリリングさがあって面白かった。
肝心な場面の記憶が無い、と言う虫食いの伏線の張り方も効果的でストーリーに引き込まれていった。
自分が重要だと思っている場面の過去を変えたとしても、人生は自分以外の人との係わり合いもある。自分の思うようにはやはりなかなか行かないと言う事なのかもしれない。

DVDには別エンディングが2パターン収録されたいるが、どちらもナンセンスに思った。オリジナル版が一番しっくり来る。

ストーカー編と、涙のハッピーエンド編とがあったが、どっちもありえない、と笑えました。

キャスティングは見た事あるなぁ・・・という顔ぶれだったが、主人公のアシュトン・カッチャーは2003年に「もっとも美しい50人」にも選ばれ、レオナルド・ディカプリオをおさえてピープル誌のトップページを飾ったイケメン俳優である。もとはベルサーチやカルバンクラインなどのショーにも出るトップモデル。デミ・ムーアとの付き合いは有名。で、見た事あったんだ・・・と思いました。
レニー役のエルデン・ヘンソンは「マイフレンド・メモリー」の主役。この映画では場面によって様々なレニーを演じている。3週間で体重を9キロも増減させて周囲を驚かしたそうです。
ケイリーの父親ジョージ役のエリック・ストルツは「ザ・フライ2」にも出演していました。(懐かしい・・・でも、どっかで見た事あるな〜って思ってたんですよ!)

なかなか面白い映画でした。

<こんな人にお勧めです>

コメディとは違う面白い映画を観たい★★★★☆
ちょっぴしスリルを感じたい★★★★☆
普通のラブストーリーでは物足りない★★★★☆


>> 他の人の感想を見てみるバタフライエフェクト




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(3) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

Glitter

glitter




<ストーリー>

母親譲りの天才的歌唱力をもつクラブ・ダンサーのビリー(マライア・キャリー)は、幼い頃から歌手になることを夢見ている。そして彼女の実力を一端役見抜いた人気DJのダイス(マックス・ビースリー)は、彼女を引き抜いて大手レコード会社へ売り込みを始め、次第に彼女はスターへの道を歩み始めていくのだが…。

<個人的な感想>

この映画、ずっと観ないようにしていました。あまりにも酷評が多かったし、この年のラジー賞も取ったそうですから・・・。

でも、マライアファンですから、一度は見ておかないと、と思って最近かりて観ました。

マライアの演技はそんなに悪くなかったです。自然に最期まで観られました。
もっと酷いのかと思っていました。

映像もなかなか良いし、80年代が舞台で、BGMも懐かしい曲が流れており結構良かったです。

ただ、ストーリーが捻りがないなぁ・・・と言う感じでした。先が見えちゃうんですよね。
もう少し、スターへの執着や、ドロドロしたものが絡んでいた方のが話としては面白くなったと思うんだけどね。

映画初主演のマライアには仕方が無い事だったのかなぁ・・・。

一番最初にビリーの才能を発掘したダイスが、ビリーがビッグになるに従い、嫉妬していくのは、実生活でもそうだったのかな・・・と思わされました。
PV撮影など、本人の意思は無視した売れるためのイメージ戦略なんかも面白かったですね。
PV撮影での炎に扮した男性ダンサーと絡むシーンはおかしくて一人で笑っていました。
その撮影を見て怒って出て行ってしまうのは、まるで7年目の浮気の撮影現場にいるジョー・ディマジオみたい。

全体的に長いミュージックPVと思って観れば結構楽しめます。

MIMIで大復活したマライア。私と大して歳も違わないので、これからも彼女をリアルタイムで追っていく事になるのでしょうが、いつか、Rayのような伝記的映画になるかもしれませんね。

それを観てみたい気がしますが、その頃、果たして自分自身この世にいるのか?!と思います。(汗)

<こんな人にお勧めです>

マライア・キャリーがとにかく好き★★★★☆
80年代の音楽が好き★★★★☆


>> 他の人の感想を見てみる



となりまちショッピングモール Store-mix.com

posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(3) | お勧め洋画♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

Stevie B/Because I Love You

Stevie B

試聴.JPG cart_004.gif



*試聴はベスト盤のものとなっています。

先日、車に積んでいるCDに飽きたので、FMにをつけたら、1990年のフラッシュバックTOP10ランキングをしていて、TOP1がStevie BBecause I Love You でした。

そう言えばよくかかってたよな〜・・・と懐かしがりながら聴いていました。

聴き入ってしまう様ないい曲なんですよね。

この、Because I Love You があまりにもHITし過ぎて、バラードの認識が強くなってしまったが、本当はラテン系なんだそうです。

実は私もHIT曲のBecause I Love You しか知りません。
試聴してみると彼がラテン系と言うことがわかります。

このHITしたBecause I Love You は結婚式などに使われていますね。
女性の心をくすぐる様な甘いヴォーカルに雰囲気の良い曲ですからね。
確かに、私も好きな曲でしたよ。

昔をフラッシュバックすると、とても懐かしいですね。
忘れていた素敵な曲をたくさん思い出します。

Because I Love You を聴いていいな、と思ってアルバムを買うなら、スローテンポのバラードばかりを集めたザ・バラッドがお勧めです。




posted by 夜更かし☆ドライブ。 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め洋楽♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。